sityboyイズム 図書館大戦争=人権擁護法案・児童ポルノ改正法が施行された未来
読んだ本の感想、面白かったアニメなどを書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館大戦争を見ました。
設定は2019年、公序良俗を乱し人権侵害の表現を取り締まる「メディア良化法」が施行され、
強権的かつ超法規的な「メディア良化委員会」とその実行組織『良化特務機関』の言論弾圧に唯一対抗できる存在、それが図書館だった。

かくして図書館は武装し、良化機関との永きに渡る抗争に突入するという話です。

これは、児童ポルノ改正法が施行された未来を書かれているのではないでしょうか

そもそも児童ポルノ改正法というのは何が問題かとうと

たとえば児童ポルノを持っていなくても、強制捜査できますし
ドラえもんなどのアニメもしずかちゃん入浴シーンなどあるので干される可能性があるのです
ということは言論の自由に反していますよね


まぁそんなことはおいといて
アニメはyoutubeで
Library War(Toshokan Sensou)Ep 見たい話数を入力
と検索すると無料で見れます

いいアニメのですので見ていて損しないと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。