sityboyイズム
読んだ本の感想、面白かったアニメなどを書いていきます
sityboyイズムへようこそ

このブログは高校一年生による、日々の日記のブログです
今はとりあえず日々のことを更新していき、 毎日更新できたら読んだ本の書評でもあげたいとおもいます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単に自己紹介をしていきたいと思います
[自己紹介 ]の続きを読む
今日20世紀少年を見に行きました。

私の好きなナイトメアが途中で出ていました

※ここからはネタばれになります
これから見る人は見ないでください



私は友達の正体は
[20世紀少年見に行ってきました]の続きを読む
お久しぶりです

私は先日書店に行ったら『中国臓器市場』という面白そうな本がありました
中国臓器市場中国臓器市場
(2008/07)
城山 英巳

商品詳細を見る


この本の要旨は、
1、中国で移植手術をするとアメリカより3倍以上安い(たとえば肝臓移植を米国や豪州で受けると7000万から1億円費用がかかるのに対して、中国では1300万から1800万円ですむ)
安いので世界中から中国まで移植手術を受けに来るようになり、
今中国は米国に次ぐ世界第二位 の移植大国になっている


2、中国は死刑囚の臓器を移植用としてつかっている
これに対して欧州では倫理上問題があると非難している

3、もともと日本と中国は欧州と違い火葬が一般的なのでなかなか脳死した人の臓器が少ない

3、中国で死刑執行が今までより減ったので、臓器がなかなか手に入りなくくなり、
臓器の値段が高騰している


4、その結果中国では臓器手術は「カネ」「コネ」がないとなかなか難しくなっている
(移植は党関係者などの上流階級、日本人や韓国人などの金持ちが優先されている)

5、中国は実績が結構あるので、安全とされているが、まだ危険

この本を読んでみてまず思ったことは
死刑囚の臓器は決して使ってはいけないということです

たしかに、倫理なんかより今にも死にそうな人を助けることを優先して
死刑囚の臓器を使うというのはいいかもしれませんが、
死刑囚の臓器を使うということは
臓器は金になるので、そのため無実の人が死刑を宣告されるということが考えられます

なので私は決して死刑囚の臓器を使ってはならないと思いました
そのようなことがあるならば、お金で人を殺して自分は助かるということです
これまでのおさらい
ルールは資金1000万円 一チーム3~4人 株価は授業の日の昨日の朝刊の終値で計算する

株の知識ゼロの友人を集めてワンマンでやっていたsityboyだった。
二週目で早速100万得したsityboyだったが思わぬ落とし穴があった
_________________________________________
三週目 始めて損をした
エプソンを2455円で4000株980万円買って、
直後2550円ぐらいにあがったが次の週は授業がなかったので
運悪く今週は2445円になり、4万損した(今までの得した分を考えるとたいしたことがないのだが)

しかし、そのとき株は一株に集中投資をせず分散投資するという基本的な株の原則を忘れていた

気を取り戻しエプソンを半分売り、
二株別のを買った
今同じ学校の生徒が見ているので具体的な株はいえないのですが
ひとつは電気関係で名前が変なやつで
もうひとつは松下電器のパソコンの部品を作っているメーカーです。

どちらかひとつでも答えがわかった人はコメントお願いします
図書館大戦争を見ました。
設定は2019年、公序良俗を乱し人権侵害の表現を取り締まる「メディア良化法」が施行され、
強権的かつ超法規的な「メディア良化委員会」とその実行組織『良化特務機関』の言論弾圧に唯一対抗できる存在、それが図書館だった。

かくして図書館は武装し、良化機関との永きに渡る抗争に突入するという話です。

これは、児童ポルノ改正法が施行された未来を書かれているのではないでしょうか

そもそも児童ポルノ改正法というのは何が問題かとうと

たとえば児童ポルノを持っていなくても、強制捜査できますし
ドラえもんなどのアニメもしずかちゃん入浴シーンなどあるので干される可能性があるのです
ということは言論の自由に反していますよね


まぁそんなことはおいといて
アニメはyoutubeで
Library War(Toshokan Sensou)Ep 見たい話数を入力
と検索すると無料で見れます

いいアニメのですので見ていて損しないと思います
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。